FXは損切が重要

FXで成功をおさめるには、損切りも大事なポイントになることをご存知でしょうか。

損切りとは、すなわち損失を確定させて取引を終了させることです。FXに限らず、投資家に求められる決断の一つです。

FXにおけるリスクといえば、為替変動リスクが挙げられます。通貨が上昇すると思えば「買い」、反対に下降すると予測できれば「売り」を仕掛けることになります。

しかしながら、相場が自らの予想と反対方向に動いてしまうことも少なくありません。上昇すると思っていたものが下がってしまうというケースや下がると踏んでいたものが上昇してしまうなども決して珍しくないのです。

自らの予測と反対方向に動いてしまった場合には、早めに損切りすることも必要です。

FXでは、証拠金取引になるため、場合によっては、追加証拠金をおさめなければならないということにもなりかねません。損失が膨らみ過ぎないうちに一旦、手仕舞いするということも重要といえるでしょう。

 

FX取引におけるその他のリスク

FX取引を行う場合、一般的な損失リスクとは別にシステム障害に関するリスクにも注意が必要です。

取引口座を開設しているFX取引会社にシステム障害が発生した場合、売買や出入金がスムーズに行えません。損失が膨らんだり利益を逸失する可能性もあるため、できるだけシステム管理に信用のおけるFX取引会社を選ぶことが大切です。

FX会社選びは重要です

どんな会社にも言えることですが、FX取引会社も業績が悪化すれば倒産してしまうリスクがあります。倒産すると取引口座に残っている資金が回収不能になるのかと思いがちですが、倒産した場合に限り、法律によって投資家の資金は全額保証されています。

つまり、仮に取引会社が倒産しても、資金はいずれ手元に戻ってくるということです。

資金的には損をすることはありませんが、倒産してしまえば次の取引会社で口座を開設するまで取引が行えませんし、残っていた資金が手元に戻ってくるまで時間もかかります。

新たな取引ができるようになるまでは、利益獲得のチャンスが来ても何もできないのです。利益の逸失というリスクを避けるためにも、普段から複数の取引会社に分散投資したり、倒産リスクの少ない大手取引会社を利用するなどの対策が必要です。