FXのリスク

為替相場は刻一刻と変化するものです。
その変動を利用すれば利益をあげることもできますが、思惑と反対に動いた場合は不利益を被ります。

具体例
具体的な例でいうと、ある通貨を10万円で買ったとして、その通貨が12万円の価格になった時に売ると差し引き2万円の利益が得られます。
反対に10万円で買ったものが8万円の価格になったら2万円の損失が発生します。

この相場の変動によるリスクは、為替取引をする上で最も一般的な留意事項だといえます。

金利のリスク

加えて注意すべきものに、金利の変動によるリスクがあります。

FXをしているとスワップ金利というものを目にすることがあります。

これは取引通貨の金利差のことです。低金利の通貨で高金利の通貨を買うと、その金利の差額を利益として得ることができます。反対に高金利の通貨で低金利の通貨を買うと、金利差分を支払わなければなりません。

為替取引では、相場の変動によるリスクに加えて、金利の変動によるリスクも考慮しなければなりません。

 

レバレッジが高いほどリスクも高い

投資で多くの利益を得るためにはそれなりの投資金が必要というイメージがありますが、FXは少額の資金から多くの利益が狙えることで人気となっています。

FXでは取引会社に証拠金を預けますが、レバレッジをかけられることがFXの大きな特徴で、証拠金の数倍から数百倍もの金額を取り引きすることができます。

それゆえ、少ない自己資金でも運用がうまくいくと短期間に大きな利益が得られるチャンスです。
証拠金が10万円でも10倍のレバレッジをかければ100万円も取引ができるようになります。

そして、通常の取引で一万円の為替差益だった場合も10倍のレバレッジをかければ、その利益も10倍となります。

とても魅力的なレバレッジですが、大きく掛ければ儲かるというわけではありません。

 

投資はメリットばかりではなくリスクも伴いますので、レバレッジを大きく掛けているときに損失が出てしまうと、損失もそれだけ膨れ上がるということは理解しておきましょう。

大きなレバレッジはハイリターンも期待できますが、取引になれるまではまずは2~3倍のレバレッジに設定しておくことがおすすめです。