ファンダメンタル分析の主な要因

ファンダメンタル分析とは、様々な経済指標を分析し、この先経済がどうなるのかを予測することを言います。

その分析に使われる主だったものとしては、GDPや消費者物価指数、失業率、政府の経済政策、政治情勢、地政学的リスクなどがあります。

 

GDPや消費者物価指数
GDPや消費者物価指数などは、その国の全体的な経済成長を示すものです。

例えばGDPがアナリストたちの予想と違っていれば、為替に大きな変動が出ることがあります。これは消費者物価指数にしても同じことが言えます。

 

政府の経済政策も為替に大きな影響を与えます。

金利をどうするのか、あるいは量的緩和を続けるのかどうか、ということに主に注目します。これらの政策が転換されると為替はとても大きく転換する可能性があるためです。
政治情勢や地政学的リスクとは、戦争やテロの脅威のことです。

これらが勃発し、為替に大きな影響を与えることも勿論ですが、ある地域の軍事的緊張の高まりなどが為替に影響を及ぼし、乱高下を引き起こすこともあります。