テクニカル分析の基本

FXのチャートには時間軸の概念があります。
たとえ同じチャートを使っていたとしても、時間軸が変わればチャートの内容も異なるため注意しましょう。

よく使われる時間軸には、1分足、5分足、日足の3つがあります。

例えば、ローソク足チャートにおける1分足では、1本の棒に1分間の情報が含まれています。

このとき、連続する棒を5つ分見れば、5分間における相場の推移を確認できるということです。

同じように、日足では1本の棒に1日分の情報が含まれているため、5本の棒を見れば5日分の推移が分かります。時間軸を変えてチャートを分析することで、トレンドの発生を発見できることがあります。

チャートを注意深く分析することで、相場のトレンドを理解することができます。

上昇トレンドと下降トレンド

トレンドは大きく分けて、上昇と下降の2つがあります。

上昇トレンドでは価格が高くなり、下降トレンドでは低くなります。このトレンドを正確に掴むことで、取引を有利に行うことが可能です。

例えば、上昇トレンドのときに買い注文を出せば、今後の値上がりが期待でき、下降トレンドのときに売り注文を出せば、含み益の低下を防ぐことができます。

ただし、トレンドが出ていたとしても、必ずその通りに値動きするわけではないため、注意が必要です。