取引スタイルについて

FXの取り引きスタイルにはいくつかあります。
代表的な取引スタイルをご紹介します。

スキャルピングトレード

スキャルピングは、数秒から数分の間で取引を完結させる超短期売買と呼ばれるスタイルです。

基本的なスタンスとしてはデイトレードと同様で、短期的な取引を繰り返し利益を挙げていくことになりますが、取引回数が増えることからより判断力や集中力が重要となります。

注意
また、FXでは取引毎にスプレッドが掛かりますので、取引コストが大きくなるのがスキャルピングの大きなデメリットであり、そのコストを上回る利益をコンスタントに挙げていける実力が必要となります。

デイトレード

デイトレードは、1日のうちに取引を完結させる短期スタイルです。
長期的なスタイルのように大きな値幅を狙うのではなく、細かな値動きに対して繰り返し取引を行い利益を積み上げていくのが一般的なデイトレードの方法となります。

株式投資等に比べ大きくレバレッジを掛けられるFXと相性が良く、少額の資産からでも上手く取引を繰り返すことで、高い利益が期待できます。また、持ち越しを行わないため、取引していない時間帯の突然のリスクに見舞われる心配もありません。

スイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間程度のスパンで取引を行う比較的短期的なスタイルです。

日中、為替の値動きをチェックできない方でも取り組みやすいスタイルですが、デイトレードと異なり、ポジションを一定期間は保有することになりますので、経済指標や政治的なニュース、災害や紛争といった地政学リスクの影響も受けやすくなります。